- 広告会社に入ろうと思ったキッカケは?
子供の頃からテレビ番組とその間にやっているコマーシャルが好きでした。
ねるねるねるねとか小枝、ミロあたりバブル期のCFは印象にのこっています。
その頃からなんとなくデザインやものづくりの現場で働きたいと思っていました。
今ほどメディアも複雑でなく学校卒業後は制作会社で広告のグラフィックデザイナーをやっていました。
経験年数がふえ企画や映像など幅広く興味が広がっていきました。

オールメディアで考えられ広告の中心となる立場で仕事がしたくなり、
広告会社にはいりたいと思いました。

- 広告会社の仕事はどこが面白い?
いろんなプロフェッショナルと関われること。 オリエン~企画~プレ~実制作と
広告の事をはじめから最後まで育てる立場が広告会社。
なので出会う人も多いです。
自分が全く発想しなかったこともその人の意見ではあたりまえの事だったり、
勉強させられることが多いです。
スタッフみんなが良い広告をつくるために
勝手にざわざわなっている時は身震いするほど
面白いと感じられる瞬間です。
- 今までの仕事で一番印象に残っているエピソードは?
入社してすぐ服飾の仕事で秋田にある生産工場を撮影しに行った事。
布地をつくる各行程、職人の技がとにかくすごい。
日本の技術は本当に繊細で丁寧です。

広告づくりの自分も日常で見習わないといけない事がたくさんある


と思いました。 もうひとつはフジテレビの仕事に関われた事です。
子供の頃から今でもフジテレビが大好きで
自分がこの仕事をはじめたバイブル的存在がフジの番組。
視聴者の立場からクリエイティブの立場で関わる事ができ感無量。
- クオラスのここが好き
自分でやりたいことはどんどん挑戦できる事。 チームワークが整っているから安心して仕事に集中できます。
経験豊富な先輩達が多く、わからないことがあれば暖かく教えてくれる。
いろんな部署があるので好きな事を見つけることもできると思います。
集中して広告にのめりこめる全てが
クオラスにはあると自分は思っています。