- 広告会社に入ろうと思ったキッカケは?
お恥ずかしながら、強い憧れとミーハー心からマスコミ業界を目指して就職活動をしていました。もともと映画が好きで、映像に携わる仕事をしたいと思っていたのですが、枠に囚われずに様々な方法で映像に関わる事ができる広告業界に興味を持った事がキッカケです。
- 広告会社の仕事はどこが面白い?
売るモノが決まっていない事です。
もちろん広告会社なので広告を売ることが仕事なのですが、
広告の枠を売るだけではなく、「世の中に広めるため」「商品が売れるため」その目的を達成するために毎回異なるプランを作り上げます。
毎回携わる案件により「内容が異なるので、色々な人と幅広い経験が出来る」、これが広告会社の一番の魅力だと思います。
- 今までの仕事で一番印象に残っているエピソードは?
沢山ありますが、やはり初めて出稿を頂けた瞬間です。
数十万円の特価の雑誌広告だったのですが、初めて自分一人で出稿を決めた瞬間は今でも覚えています。嬉しくて嬉しくて、出稿を頂けた瞬間に会社を飛び出し、クライアントへ御礼のご挨拶に行きました。 
大げさですが、自分が世の中に情報が出ていく窓口となった事に達成感を感じましたし、その達成感はずっと覚えていたいなと思います。
- クオラスのここが好き
忙しい業種のイメージがありますが、
働く時は働く、休む時は休む、というメリハリのある働き方をするところが好きです。
私もお休みを頂く時は先輩・上司に「しっかり休め!」と言って頂き、
しっかりとお休みを頂いています。