- 広告会社に入ろうと思ったキッカケは?
もともと映画やテレビが好きで、映像関係の業界で働けたらいいな…と漠然と高校生くらいのときは考えていました。そんなとき、とある雑誌の「ショートフィルム特集」という記事を読んで、広告会社の映画監督が活躍していることを知ったんです。そこで「広告ってのも、オモシロそうだな…」とチラッと思ったのが最初のキッカケです。
- 広告会社の仕事はどこが面白い?
やっぱり、さまざまなクライアントのさまざまな仕事に携わることができる点だと思います。「やりたい仕事があったら、自分で企画書を書いて、クライアントに自主提案すればいいんだよ!」とある先輩が言っていましたが、これは広告会社の魅力のひとつだと思います。また、今の広告会社は“いわゆる広告”以外の仕事もたくさんやっています。広告も、広告以外も、いろいろな仕事を経験できること。そこが面白いです。
- 今までの仕事で一番印象に残っているエピソードは?
とあるアイスクリームとアニメのタイアップキャンペーンの企画を考える機会をいただいた時のことです。アイスのメーカーさん・アニメの作り手さん・たくさんいるアニメのファン…みんなに喜んでもらえる企画を考えるのにはとても苦労し、迷いましたが、最終的には自分が「おもしろい!」と信じた企画をやりきることができました。結果、みなさんに喜んで頂くことができました。さらに、SNSで大きな反響が見えてきたときには感無量でした。
- クオラスのここが好き
尊敬できるヒトがたくさんいることです。「広告会社の一番の資源はヒトだ」ということを、ある人がおっしゃっていましたが、本当にそうだと思います。一緒に仕事をさせてもらいたい、仕事を見せてもらいたいと思える人がたくさんいる所が私は大好きです。