2015.1.20

「WAO工芸ルネッサンス・プロジェクト」への取り組み

ファッション・ジャーナリスト生駒芳子氏が総合プロデュースを手がける伝統工芸再生・発信プロジェクト「Future Luxury WAO(ワオ)」を、クオラスが運営協力してきましたが、この度本プロジェクトが、株式会社三越伊勢丹(新宿伊勢丹)と新事業を開始しました。

経済産業省が実施した『2011年度 経済産業省「クール・ジャパン戦略推進事業(海外展開支援プロジェクト)」』の一環として、日本の伝統工芸品および地域産品の分野で日本のクラフツマンシップをCool Japan(クールジャパン)として広く世界に紹介しつつ、長期的に日本の工芸品のブランディングを図り、国内外で持続可能なビジネスとして定着させ、市場を構築することを目的としたプロジェクト「WAO工芸ルネッサンス・プロジェクト」が「Future Luxury WAO(ワオ)」と題し、新宿伊勢丹本館4階「インターナショナルラグジュアリーイースト」コーナー及びISETAN ONLINE STOREにて販売を開始しました。

ここで紹介されている伝統工芸品の数々は、ファッション・ジャーナリストとして活躍されている生駒芳子氏の総合プロデュースによって、進化した、今までとは一味違う新しい和の魅力が満載です。クオラスにとっても初めての試みでこの新たな和の魅力を国内外のより多くの方たちに伝えることが出来れば幸いです。
漆のネックレスやバッグ、南部鉄瓶のカラフル・プチ・プレート、パールのネックレス、藍染めストールなど、ファッション×クラフト、ラグジュアリー×クラフトの視点で、女性目線のおしゃれなクラフトを販売しています。
ぜひこの機会に日本ならではの伝統工芸品の素晴らしさについて触れてみてはいかがでしょうか。
※2月18日~伊勢丹4Fにて常設のコーナーが設置されます。

新宿伊勢丹オンラインショップはこちら

生駒芳子プロフィール

ファッション・ジャーナリスト/エディター
アート・プロデュース/工芸ルネッサンスWAO総合プロデュース
経済産業省:産業構造審議会委員/日本ものづくり大賞選考委員/通商・貿易分科会委員
内閣府:クール・ジャパン有識者会議委員
文部科学省:カルチュラルオリンピアード、カルチャービジョンサミット所属
三重県:みえ産業振興政策委員/みえスマートライフ推進協議会委員
公益財団法人三宅一生デザイン文化財団理事
国連WFP(世界食糧計画)顧問
東京成徳大学経営学部ファッションコース特任教授
講師:エスモード・ジャポン/杉野服飾大学大学院:
NPO法人「サービスグラント」理事
JFW(ジャパンファッションウィーク)コミッティ
ファッション業界における女性のエンパワーメント高める会「WEF」理事
未来の叡智を育てる「NEXT WISDOM FOUNDATION」評議員
東京外国語大学フランス語科卒業。フリーランスのライター、編集者としてキャリアをスタートさせ、ファッション雑誌、ビジネス雑誌、新聞で、ファッション・アートに関する記事を取材、編集、執筆。1998年、日経コンデナスト社でのVOGUENIPPONの日本版創刊メンバーに参加し、創刊時に副編集長に就任。
2002年にアシェット婦人画報社に入社し、ELLE JAPONの副編集長に就任。2004年には、marie claire japonの編集長に就任し、日本で初めて、社会派の記事を取り込んだファッション雑誌をプロデュース。「ホワイト・キャンペーン~赤ちゃんと子供の命を守ろう」(2005年)「LOVEキャンペーン~日本人の愛のエンゲル係数を上げよう」(2006年)「プラネット・キャンペーン~地球規模で考えよう」(2007年)「ローズ・キャンペーン~薔薇の花を売って、途上国に図書館と学校を送ろう」(2008年)など社会貢献、チャリティにまつわるキャンペーンを起こす。
2008年に独立し、以降は編集長経験を生かして、ファッション、アート、クール・ジャパン、エシカルなど、衣食住にわたり、21世紀のライフスタイル、カルチャーの在り方を探る幅広い視野で新規プロジェクトを企画・プロデュース。2011年より、三重県、石川県、福島県、広島県、佐賀県など地方のものづくりの現場を訪ね、伝統工芸や地場産業の再生発進を目的とするプロジェクト「WAO~FUTURE TRADITION」を立ち上げ、総合プロデュースを手がける。